賃貸住宅でワンランク上の暮らしを~契約に至るまで~

男女

家賃について

賃貸住宅を探しているのなら、まずは家賃について調べておくと良いでしょう。特に都心部なら、立地が良ければ良いほど毎月発生する家賃が高額になるのです。新宿でさらに駅近なら、ワンルームであっても一カ月10万円を超えるところが多くなっています。賃貸住宅を契約する時に予算を低く設定するなら、希望家賃で絞り込んでリサーチすることです。しかし、築年数など訳あり物件によっては安く借りることもできるでしょう。また、最近では敷金礼金0円という物件も多く、入居時の出費が抑えられると大人気です。

物件の探し方

賃貸住宅はインターネットから簡単に検索することが可能となっています。地方から上京する場合、物件探しのために通うと交通費が馬鹿にならないので、ネットを駆使すると良いでしょう。実際に下見する際には、数件候補を押さえておき、昼夜の治安状況を確かめることをおすすめします。

見学は行くべき

ネットでいくつか理想的な賃貸住宅が見つかったのであれば、その時に見学に行くと良いでしょう。物件や周辺の情報など実際に目で見てみなければ分からないこともあるものです。見学時のチェックポイントには、ゴミ捨て場や駐輪・駐車場、エレベーターホールなど共有スペースの他、周辺施設があります。実際に暮らしているイメージをしながら慎重にチェックしましょう。

敷金礼金ゼロ

通常ですと、契約する前に敷金礼金を払わなければならない賃貸住宅がほとんどでした。しかし、現代では敷金礼金がない物件が増えてきているので、初期費用を少しでも抑えたいのなら、そういったところに目を向けてみると良いでしょう。

住むならココ

引っ越し先となる住宅に長期的に住むのであれば、なおさら物件について知っておかなくてはなりません。ですので、初めて家を借りる場合は、どのポイントをチェックしておけばいいのか学んでおくと良いでしょう。

物件選びのポイント

2階以上がいい

エレベーター付きの物件であれば、確実に二階の方がいいでしょう。何故なら、一階だと外からの目が気になることもあるので、特に女性は避けた方がよいでしょう。できるだけ上層階を狙うことをおすすめします。

バストイレ別

一人暮らしならバストイレが一緒でもいいのですが、2人以上で住む場合は順番待ちをしなくてはならないので、できるだけバストイレが別々になっている部屋を選ぶと良いでしょう。それなら忙しい朝も慌てずに済みます。

コンビニが近い

女性進出が盛んになった日本では、夜遅くまで働いている女性が多くなっています。そういった場合は、コンビニが自宅近くにあると便利です。食品や日用品だけでなく、宅配の受け取りもできるので、不便に思うことがありません。

駅近物件

駅から近くですと、すぐに仕事場に向かうことができたり、遊びに行く時でも利用することができます。駐車場とセットだと高額になりますが、駅近だと車を利用することがほとんどないので、費用を抑えられるのが利点と言えるでしょう。

広告募集中